ヨーロッパ三ヶ月でかかった費用とは?!

こんにちは!

ついに、アジア編に出発しましたみずきです。
タイ行きの飛行機の中で書いてます笑

計9日間の東京滞在、めちゃくちゃ楽しかったです!!きっとこれ以上日本にいたら休学してるのに、何もせずずっと遊んでしまいそうだったので、次の国へのチケットをあらかじめ買っておいてよかったなぁと思っております。

今回の一時帰国は、意外と新しい出会いが多かったような気がします。

特に国高で今まで話したことなかった先輩や後輩から誘っていただいて会うことが多く、卒業してもこうやって繋がりが増えるのいいなぁ〜〜って思いました!

寂しいのでぜひ次回の帰国中もみなさん会ってくださいね😭💕


さてさて、アジア編を今日から始めますが、その前に、ヨーロッパ編で書きたかった記事が全然終わってなかったので、少しずつ書いていこうと思います。

多分、今回はみなさんがめちゃくちゃ気になっているであろうこと、

それはずばり "お金"の話です!!

workawayの一番のメリットは、圧倒的な安さ。


もう一度workawayのしくみを整理すると、workawayとは1日4〜5時間、週5日ボランティアとして働く代わりに、住む場所とご飯を提供してもらえるという家族にもボランティアにもwin winな仕組みです。

 

 

 

 

 

 


最近はworkawayは"ドラえもん"みたいな立ち位置だと思ってます。

ドラえもんはボランティアとしてちょっとできの悪いのび太君を助けていて、その代わりに押入れで寝流ことを許されていて、どら焼きやママのご飯を貰えてますよね。 

そんな感じでローカルのお家に入って、その家のルールに従って働いて家族と一緒に生活しています。わたしは2〜3週間単位で国もホストファミリーも変えています。

これをやっている目的は、観光では分からない現地のディープな文化を学びつつ、旅をしたいからですね…。

留学と世界一周のいいとこ取りだと自分で思ってます😸✨


そんな良い留学方法を友達に広めるためにブログをやっているので、実際お金がいくらかかったかを発信するために、

この3ヶ月間全てのレシートを保管し、日記にまとめたあとアプリに落としこんで、家計簿を作っておりました😹😹!!

ついについにこの家計簿を世に出す日が来ました、、ここまでが長かった。

では、まず旅の工程から再確認していきます。

 

●住んだ国●
①デンマーク…3週間
②ドイツ(ハノーファー3日間、ギュータースロー2週間、ベルリン3週間)
③フランス (パリ3日間)
④スイス(10日間)
⑤イタリア(ベルガモ2日、ポルデノーネ18日間)

計8つのホストファミリーのところに三ヶ月かけて移動しました。

●観光(旅行)で訪れた都市●
・タイ(バンコク 10時間)
・デンマーク(オーフス 日帰り)
・ドイツ(ミュンヘン 2日間)
・ポーランド(スウビシェ 日帰り)
・イタリア(ミラノ1日、ベネチア3日間)

こちらはボランティアはせず、ただ遊びで訪れた都市になります。

ということで、3ヶ月の間に計14都市を回ったことになります✨

①その全ての合計金額は…

270,126円でした!

約27万円ですね。

東京で家賃9万円のアパートを三ヶ月借りるのと同じって考えると、食事も付いてたからもはや東京に一人で住むのより安いですよ💐笑

内訳はこちら

交通費が20万、その他が7万円。

②交通費について

 

 

 

 

 

 

 


やっぱりworkawayで食費と滞在費を浮かせたことはめちゃくちゃ大きかったです。

飛行機代は8月のデンマーク行きがハイシーズンだったので10万円を超えて、それが痛手でした。しかしどうしても暖かい北欧が良かったので、10万円払った価値はあったと思います。

電車代は、もちろんヨーロッパの新幹線や家から成田空港の交通費も入ってます。

③食費について

ほとんどがアイスクリーム笑 
コレクションしました。いつか誰にも需要ない気がするけど、世界のアイスクリームって本を出版しようと思ってます。特にイタリアとドイツとポーランドのアイスが美味しかったです。


お水は3回だけ外で買って、そのペットボトルを洗って再利用して水道水を飲んでお金浮かせてました。

前も書きましたがホストの移動はいくら15時間とかかかろうが、ドイツのRitter sportっていう板チョコを100円で買って、それでご飯は済ませてました。笑

④大型経費について

 

 

 

 

 

 

旅行代ってことです。1日だけairbnbに泊まり、他の旅行は深夜バスで寝たり友達のお家に泊まったりさせてもらいました。おかげでお金は言うほどかかってないです。

⑤ポストカード代について

お姉ちゃんから子供にポストカードを送るように頼まれていたので、この費用は姉が持ってくれてます。ありがとう!

⑥インターネット代
3ヶ月で約4,000円でした。


デンマークで1ヶ月1,100円のSIMを買って、ドイツでも使ってました。それが切れてからはドイツ人の友達からもらったSIMを無料で使い、それも切れたあとはネットなしで2週間過ごしました。


イタリアは英語が通じないのでネットが必要だったので、3週間で2,800円払いました。

⑦ご厚意でたくさん奢ってもらえたこと
タイの観光代4,000円、デンマークの日本のカフェで賄いを出してもらったこと、スイスでお土産のチョコレートまで買ってくれたこと、パリでできた友達が奢ってくれたタピオカ、イタリアのベネチアの高いレストランをご馳走してもらったこと、ジェラートもたくさんご馳走してもらって、なぜか空港までのバス代1,800円まで初対面のイタリア人が払ってくれたこともありました。
書き切れない程、人によくしてもらいました。

どれもこれも、お金が浮いたラッキーとは思ってなくて、彼らがわたしにしてくれた投資だと考えてます。

彼らがいつか日本に来た時は、わたしがBIGになって寿司でもご馳走して2倍にして返さなきゃと思ってます笑


この旅を振り返ると、北欧やスイスなど物価の高い国をworkawayで訪れられたことは本当に大正解だったと思います。

スイスは世界一物価の高い国だと言われてますが、10日間で払ったのはドイツからの新幹線代と、イタリアへ行く電車代のみ。

もちろんその電車代がスイスなので高いんですが、返金があったこともあり合計すると7,500円くらいにとどまりました。

やっぱりworkawayは物価の高い国でやったほうがコスパがいいと言うことが証明されましたね。

デンマークも北欧なので高税です。また住居関連費用が高く、自分で借りて住むとなると東京と同じかそれ以上に高くなるそうです😿

他の人のブログでお金の記事とかちょこちょこ見たんですが、わたしが行った国よりも物価が3分の1以上やすい東欧(チェコとか)を旅した人が1ヶ月滞在で36万くらいかかってました。

やっぱり食費とドミトリー代がほとんどでした。

これは、workaway留学、もしくはworkawayの世界一周流行るんじゃないでしょうか???笑 
と言うか、流行ってほしい!


わたしみたいにちょこちょこ国を移動せず、1つの国に三ヶ月留まれば、往復の飛行機代だけで済むので10万くらいで賄えちゃいます。

国の組み方はその人次第、仕事内容もその人次第。なんて自由な旅なんだ〜と思います。

地域選びに困ったら、物価高い国がお得ってことだけは覚えておいてください。将来旅行で行くより断然いま無料で行った方がいいと思います!

それでは、細かい質問などあれば引き続きDMして下さいっ!

(ちなみにアジア編は、島国なので国の移動が飛行機になってしまうので、ヨーロッパ編と金額は変わらない気がします…😭😭)

またアジア編のお金に関しては三ヶ月後にブログ書きます!

 

帰国中一番嬉しかったこと。今井ゼミのみなさんがこんなプレートを用意していてくれたこと!ほんとうにありがとうございました😊💕

よし、タイ頑張るぞ〜っ

それではみなさん、よいworkawayを!

みずき💐

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事