ホームステイ先でホストファミリーと上手くやって行くための心得

こんにちは!

 

ただいま10時間電車に乗り、スイスの田舎まで移動しています。ばーかひますぎてブログ書いてるみずきです。

新しいホストの先に向かうと言うことは、前のホストとの別れもあったということです。

もう慣れたけど、毎回寂しいですよ笑
なんだろう、ホストファミリーから次のホストファミリーに向かう途中って、その時にしかない心情になるんですね。
こう、まずそのホストファミリーとの思い出とかを思い出して寂しくなるじゃないですか。でも、次の場所で私の到着を待つ未知の家族を想像すると、めちゃくちゃ心高鳴る。寂しさとワクワクが混ざってよくわかんない感情になります。
だれかとそれを共有したいけど、世の中に私と同じ人ことやってる人がいないからできない!残念!だれかやってください。

てことで今日は。

7回、別の場所でホームステイやった人ってあんまいないんじゃないか??と思いまして。
 
 加えて、実は私の日本の家族はホストファミリーを日本でやってて、今まで8人の留学生を受け入れてるんです。笑 
だからホストファミリーからの視点も混ぜることができます。
最近確立しつつある、海外でのホームステイ中の心得について、まとめます。
 
 
自分の中でホームステイ先の家で上手く対処する考え方を確立してきたので、、、
ホームステイ予定の方の参考になればと思います。
①全てのものに期待をしない💐
いいですか、、、格言として覚えて欲しいくらいなんですけど。
日本人にとって、日本人ほど素晴らしい人種はいません。同じく、日本ほど素晴らしい国はありません。日本食ほど美味しいものはありません。笑
これを心に刻むべし。
ホームステイ先の家族、料理、雰囲気、物価などなど、、わかりませんが。
ホームステイ先で生活してるうちに、絶対どこかに不満が出ると思います。
 
でも。何事にも期待しちゃいけません。
 
日本ほど優れた国は無いのにも関わらず、自分はそんな天国🇯🇵からわざわざ出てきている物好きな人間だと思うべきなのです笑
 
日本人ほど礼儀正しく、義理人情に厚く、
約束を守り、人に親切な人はいない。
日本食ほど美味しい食べ物はない。
日本ほどトイレが綺麗な国はない。
だけど、自分は自分の意思でそこから出てきたんだから、その国に対して文句を言う権利は無いし、そんなに嫌なら日本に帰るべき、くらいに思うべきなんです!
こうすることで、ホストファミリーにドタキャンされても、大丈夫。🙆‍♀️(読んでない人はこちらの記事を参照)
あぁ、そんなもんだよな!ここ日本じゃねーし!くらいに思えば幸せです。
生活がしんどくなったらこれを思い出してください☺️で、くだらない日本のバラエティ見ながら緑茶飲んで板チョコかじってれば、元気出ますよ☺️
期待に関する関連記事はこちら
 
 
 
②ホストファミリーに言われたもの以上のことを1日1回はするようにする💐
 
これも大事。
小さいこと、何か1つでいいです。
洗濯物、いつもよりちょっときれいに畳んでみるとか。
サラダももう一品作ってみるとか。
暇だから子どもと遊んでみるとか。
何がやることある?って聞くとか。
自室を綺麗にしてから出かけるとか。
でも全部を完璧にやろうとしたら疲れるから、1日1個でいいです。
その1日1個を毎日積み重ねると、3週間で21個溜まります。でももしかしたら、その半分くらいの努力はホストファミリーは気づいてないかもしれません。
でも21個のうち10個気づいてくれたら。いや、別に3個とかでもいいんだけど。ホストファミリーからの信頼に繋がると思います。
1日に21個頑張って、20日何も言われたことだけやるよりも、毎日1個が続けやすいですよ😉💕
1個ずつが癖になると、2個、3個やるのも簡単になります。でも、0から3にいきなりするのは難しいですよね。
と言うことで、1日1善を習慣付けしてみてください。
あと、誰だって人間なので「ちょっとサボっちゃおうかな」とか「いやでもしっかり働くべきだよな」…って天使と悪魔が浮かぶ時もあると思います。
そんな時にも有効な考え方です。
ホストファミリーに限って話じゃないけど、一般的に自分のしたことはいつか自分に返ってくるものですよね笑
自分の努力は、ホストファミリーはきっとみてくれてると思いますよ😉🤩
③でもホストファミリーが同様に期待以上のことをしてくれた時は、心から感謝する💐
 
それを当たり前だと思わない!ってことを言いたいんですけど。
例えば毎週末どこかに遊びに連れてってくれる家族だったら、それは元のworkawayの契約(労働の代わりに食事と住む場所提供)以上のことになりますね。
もう、どんだけつたない英語でもいいから「ありがとう〜😭❤️遊びに連れてってくれるなんて!最高のホストだよ!嬉しいよ〜!」と伝えましょう!
思うだけじゃなくて、伝えることが大事!!

褒めて伸ばす、って言葉があると思うんですけど、ホストファミリーも当てはまると思います笑

そして基本的には、自分の努力>ホストの努力になるくらいがバランス的に丁度いいです。
もちろん言わずもがな、お互いに期待されてる仕事とかをクリアしてる前提で、さらにそれに加えての努力の話です!
④共用部屋はもちろん、自分の部屋も綺麗に使う

これはマジ。
「自室は自分しか使わないんだしいいでしょ」と思って自分の城のようにする人がたまにいます。
それはやめとこ!!
見られてなくても、綺麗に整頓しよ!! 
その部屋はホストの持ち物で、ホストの管理下にあることを忘れちゃだめ。そして自分が思ってるよりも、ホストは部屋に入ってますよ笑
そう、ホームステイは自由気ままに暮らしてるように見えて、意外に気を使うものです。
⑤家を去る時は、ベッドシーツまで自分で洗濯して干して出る!!
最終日。
ホストファミリーと別れるとき、バイバイ〜!悲し〜!😭またねー!なんて言って終わりですよね。
でも残されたホストファミリーには、そのあとゲスト用の部屋の掃除をする仕事が残っています。
この時のホストの気持ちを考えてみてほしい。
もう片付けるころには、ホストの気持ちも冷静です。もうみずきは過去の人間になってるわけです。
そんな中、次のボランティアのために掃除をしにゲスト用の部屋に入ったときに、なんにもやることないくらい綺麗になってるか。はたまた、ベッドはグチャグチャ、ゴミ箱はいっぱいのままか。
どっちがいいか、間違いなく綺麗なほうがいい!
 
 
過去の人間になったときにマイナス評価を受けると、一緒に住んでる時よりも食らうダメージはでかいですよ!
終わりよければすべて良し、って言葉があるように、終わりの印象が強くつくので!
 
 
例えば恋愛も、付き合ってる時にどんだけいい彼女でも、別れ際が最低だったら付き合ってる時のいいこと忘れませんか?笑
ホームステイは恋愛と同じ笑
たとえ午前中の出発でも、なるべく早く起きてシーツを洗濯して干して出るくらいした方が、最後までいいボランティアでいれると思います。

 

 

 

 

 

 

 

はい、ではこんなとこですね。

まとめると、
ホストファミリーに期待しない
②けど、自分は努力する
③ホストファミリーが努力してくれたときは、必ず感謝を伝える
④自分の部屋は綺麗に使う
⑤立つ鳥跡を濁さず!!!!🕊←最重要
 
少しはホームステイの心得掴めたでしょうか?
完全なる自論なので、異論は認めます。。
ところでスイスたのしみだなあ。
またスイスからハイジの世界を更新します。
それでは、みなさんよいworkawayを。
みずき💐

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事